猫の成長

【生後5ヶ月の猫】体重や噛み癖は?発情期はまだ?

にゃん子
にゃん子
皆さんこんにちは!猫ちゃんと鼻ちゅーするのが好きなにゃん子です🐱🐱

前の記事で、生後4ヶ月までの猫ちゃんについてお話しました。

今回は、生後5ヶ月目の猫ちゃんについてご紹介です♪

5ヶ月くらいになると、ぐっと大人の体型に近づいてきますね!

どんな体の変化があるのでしょうか?

スポンサーリンク

生後5ヶ月の猫はどんな時期?

人間でいうと8歳くらい

生後5ヶ月の猫ちゃんは、人間だと小学校中学年くらいにあてはまります。

体つきも大人の猫に近づいて、だんだんと子猫らしさも抜けてきます。

本当に子猫の時期はあっと言う間ですね…😭✨

体型はしっかりと整ってきますが、

大人の猫のような落ち着きはありません。

やんちゃで甘えん坊な部分はまだまだ子猫です☺

(猫らしい静かな感じになるのは1歳くらいから!)

成長期であることも変わりありませんので、

しっかりと栄養分の高いご飯をあげること、たくさん遊ぶこと、そして睡眠をとること、

変わらず大切な部分となってきます

乳歯が生え変わる時期で歯がうずく

4ヶ月目以降から、乳歯が永久歯に生え変わり始めます。

乳歯が抜けるときに歯がうずくので、

この時期にはいろいろなものをかじりたがるかもしれません。

なので、猫ちゃんがかじると危険なものはなるべく隠しておくようにしましょう。

特にコードや携帯電話の充電器などは危険です⚠

じゃれながら思いっきりかじってしまい、

感電してしまう恐れがあります。

どうしても隠しておけない場合は、

柑橘系の香りがするスプレーを吹きかけておくと猫が嫌がって近づかなくなります。

ミカンやレモンの皮を水に浸すだけでできるので簡単ですよ🎶

スポンサーリンク

どんな体の変化があるの?

体重は1.5~2.5㎏くらい

生後5ヶ月の猫ちゃんは、だいたい平均で1.5~2.5㎏ほどです。

もちろん猫種や、個体差、育った環境によっても変わってきますので、

これが全ての猫ちゃんにあてはまるとは限りません。

小食な子に無理やり食べさせることも良くないですし、

逆に食欲旺盛な子のご飯量を減らすことも良くありません。

無理やり食べると吐いてしまい結局全く胃に入らなかったり、少ないご飯で生きるために脂肪を蓄えやすくなってしまうからです。

猫ちゃんに元気があって、食欲もあれば問題ありませんが、

心配な場合は獣医さんに相談してみましょう💡

ちなみにとら吉くんは、5ヶ月の時で3㎏くらいはあったと思います(笑)

病院でも特に何も言われなかったので、心配もしませんでした😄

早ければ発情期を迎える猫ちゃんもいる

猫の発情は生後6ヶ月以降に起こることが多いようですが、

早い子ですと5ヶ月目からその兆しが見られます!

オス猫の場合は、マウント行為や腰を振るような行為をしたりしますが、

交尾に似た行動を取っているだけで

本格的な発情期は精巣が発達した生後9~12ヶ月あたりからとなります。

メス猫の場合は本格的な発情を迎えるのが5~12ヶ月なので、

オス猫よりも早く発情期を迎えことになります。

🐱発情期の猫ちゃんの行動🐱

  • 大きな声で鳴く
  • スプレーのようなおしっこをする
  • トイレ以外の場所でおしっこをする
  • メス猫は甘えてくる
  • オス猫は攻撃的になる

いつもと様子が違うかも…というときは発情を迎えているかもしれません⚠

スポンサーリンク

食事はどうするの?

1日3~4回の食事

だんだんと大人に近づいてきたとはいえ、まだまだ成長期真っ盛りです。

しっかりと栄養分の高い子猫用のフードを与えてあげましょう!

生後4か月時期と変わらず、消化器系がまだ未発達なので、

ご飯は1日3~4回に分けてあげます。

ご飯の量は、猫ちゃんの体重と与えるフードのカロリー数によって異なるので、

フードのパッケージに書いてある分量をよく見て与えましょう!

(だいたい「体重㎏×160~240㎉」が目安)

また、この時期の猫ちゃんはエネルギー消費が多いので、

ご飯量に神経質になり過ぎずに少し多めにご飯を与えても問題ありません。

大切な成長期に栄養不足になってしまう方が大変なので、

猫ちゃんの様子を見ながら対応しましょう🎶

ドライフードをメインに

4ヶ月目あたりからすでにご飯の切り替えが済んでいる子が多いと思いますが、

5ヶ月目以降は完全にドライフードがメインでも問題ない時期です。

栄養面や、口腔内ケア、顎の発達など、

ドライフードは猫ちゃんにとってのメリットが多いので

まだ切り替えが完全でない場合は、早めに慣らしていきましょう。

この時期に切り替えができないと、

猫ちゃんがドライフードを食べてくれなくなる恐れがありますので

注意しましょう⚠

あくまでメインがドライフードなので、

猫ちゃんが飽きないように、たまにウェットフードやささみなどを与えるのもいいでしょう🎶

まとめ

生後5ヶ月になると、すっかり大きくなった!という印象ですね☺

見た目は大きくなってっも、気持ちはまだまだ子猫です。

たくさん遊びたい盛りで、もしかした飼い主さんを困らせることもあるかもしれません😅

しかし、運動不足や、遊びたいのに遊べないというのは、

猫ちゃんにとってストレスになってしまいます💦

10分、15分でも、猫ちゃんと遊ぶ時間を作ってあげてくださいね!

猫ちゃんがやんちゃで甘えん坊で、たくさん遊ぶのは基本的にこの時期だけです✨

とら吉くんも、だんだん以前の様に遊ばなくなってきて、

逆になんだか寂しいです…笑

貴重な時期だと思うので、猫ちゃんと一緒に思いっきり楽しんでください🎶

生後3ヶ月の猫の育て方⬇

【生後3ヶ月の猫】体重は?しつけは?ご飯はどうするの? とら吉がわが家にやってきたとき、 彼は生後3ヶ月ほどの子猫でした🐱(超かわいいよ) 生後3ヶ月の猫ち...

生後4ヶ月の猫の育て方⬇

【生後4ヶ月の猫】気になる食事や体重は?? 今回は、まだまだ育ちざかりの生後4か月の猫ちゃんについてお話します♪ この時期の猫ちゃんは、成長するための栄養をどんどん取...