猫を飼う

猫のご飯の選び方!【あなたの猫ちゃんはドライ派?ウェット派?】

猫ちゃんを飼い始めた時、または飼っている今もですが、

猫ちゃんのご飯って悩みますよね😅

今日は猫ちゃんのご飯で代表的なドライフードとウェットフードについてお話します!

にゃん子
にゃん子
ちなみにうちはドライ派です✌
スポンサーリンク

ドライフード

ドライフードはその名のとおり、

乾燥させてカッチカチになったフードです(笑)

フードに含まれる水分は10%以下で、一般に「カリカリ」とも呼ばれています🐱

ドライフードには成長に必要な栄養素が多く含まれている

ドライフードは猫ちゃんに与えるフードとして、最もよく使われているかと思います。

というのも、メリットがたくさんあるからです。

  • 栄養素がバランスよく配合されている
  • コスパがいい
  • 保存がきいて、管理が楽
  • フードが固く、歯に歯垢がつきにくい

などなど、

猫ちゃんにとっても良いことが多く、もちろん飼い主にとっても嬉しいことが多いです。

栄養バランスは、フードそのものがきちんと考えられて作られているので、

飼い主が考えて食事を与えることなく済みます。

にゃん子
にゃん子
楽だわ~

500g~2㎏くらいの量で販売されることが多く、

お値段も安く設定されています。まとめて買う程お得ですよ!(笑)

まとめて買いすぎて、猫ちゃんが気に入らない味だった場合は、大量にフードが残ってしまうので、

味見として最初は少なめに購入し、大丈夫そうだったらまとめ買いするのがいいですよ!

開封してからも保存がきくため、

㎏単位で購入しておけば、こまめに買い足す必要もありません。

にゃん子
にゃん子
楽だわ~~

しかし、開封後は風味が落ちていってしまいますので、

なるべく早めに食べきることをオススメします。

さらに、カリカリと固いドライフードをよく噛んで食べてもらえれば、

歯垢がつきにくいのはもちろん、歯垢を落とす役割も担ってくれます💡

水分不足には十分注意!

ドライフードは、はじめにお話した通り、水分量が少ないです。

フードに含まれる水分量が少ないと、猫ちゃんが自分でお水を摂取する必要があります。

しかし、よく知られている通り、

猫は水が苦手な生き物…🐱💦

自分が濡れるのだけじゃなく、お水を口にすることも苦手の子が多いです。

猫ちゃんが水分不足になると、腎臓に負担がかかってしまい、

腎臓の病気になってしまうことも…😱😱😱

なので、お水に慣れさせたり、いつでも飲みたいと思った時に飲んでもらえるように、

水場を何か所か作ってあげると良いでしょう

それからいつもお水を新鮮な状態に保つこと!

さらに「猫舌」という言葉があるように、猫は熱いものも冷たいものも苦手です。

飲み水として、人肌程度のぬるいお湯をおいてあげると

美味しそうに飲んでくれますよ😊✨

なかなかお水を飲んでくれない時は、猫用のミルクも有効的です!

水分補給と、ちょっとした補助食品のようになって一石二鳥です✌

スポンサーリンク

ウェットフード

ウェットフードは、フード全体がドロッとしていて、

水分を多く含んだフードです。

臭いが強めなので、与えると喜ぶ猫ちゃんが多いです🐱❤

ウェットフードは猫ちゃんの苦手な水分補給が簡単

ウェットフードのメリットはこちらです。

  • 水分が多く、猫ちゃんの水分摂取のお手伝いになる
  • 味のバラエティが多い
  • 開封前は長く保存しておける

水分摂取が苦手な猫ちゃんに対して、

水分量が多い食事を取ることができるのはかなり魅力的ですね✨

また、ウェットフードはドロッとしている分

口当たりがよく、味や臭いも多種多様にありますので、

ほとんどの猫ちゃんがとても喜んでガッつきます(笑)

特にドライフードが苦手だったり、小食な子にはもってこいですね💡

にゃん子
にゃん子
猫的にはごちそうだニャ!

さらに開封前なら長期保存ができますので、

お気に入りの味をまとめ買いしておくこともできますよ🎶

コスパや開封後の保存期間は❌ 与えすぎも❌

安いウェットフードでもだいたい1食60円くらいしてしまいますので、

1日2食与えるとして、猫ちゃんの食費だけでも月に3600円にもなります。

にゃん子
にゃん子
ひょえー!😱

また、開封してしまうとすぐに腐ってしまうので、開封後の保存は出来ません。

コスパを気にして安いフードを買ってしまうと、

添加物が入っていることが多いです。

これは人間もそうですが、猫ちゃんにも良くありません⚠

さらに、猫ちゃんが喜ぶからといって同じものばかりを与えていると、

栄養面にも偏りが生じてしまいますし、

柔らかいウェットフードばかりを食すことは、

歯に歯垢が溜まって口腔内の病気になりかねません。

ウェットフードを与えるときは、バランスが大切です。

たまに補助食品として与えてあげたり、原材料チェックをすること!

くれぐれも与えすぎは注意です💡

ウェットフードの与えすぎで、ドライフードを食べなくなってしまう

猫ちゃんもいるようです⚠

もっと美味しいご飯がある!と分かってしまうのですね…😅

スポンサーリンク

まとめ:結局何をあたえればいいの?

基本的にはドライフードを与えてあげるのがいいと思います!

なぜなら、いちばんはやはり猫ちゃんの健康なので、

栄養成分の整っているものが優先されるべきだと思うからです。

しかし、ドライフードが苦手な子もいます。

無理やり苦手なものを食べさせようとすると、

さらに苦手意識が強くなってしまうのでNGです🙅

猫ちゃんの苦手な部分は、飼い主がフォローしてあげなくてはなりません。

🐱ウェットフードでしっかり栄養が取れるように管理してあげること

🐱ドライフードにも慣れるように、いろんな味や種類を試すこと

🐱お口のケアをしっかりしてあげること

が重要になってきます。

猫ちゃんの健康のためにもフードの選び方はとても大切です!

適当に選ばずに、よく考えて選んであげましょう🎶